読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮性、真性包茎は早漏の原因に!?早漏を手術以外で治す方法

包茎は早漏の原因になります。女性に嫌われないために手術以外で早漏を治す方法を提案しています。

えっ!もういっちゃったの?なんて、もう言われたくない!早漏を手術以外で治す方法とは

女性のあそこに挿入後、1分もしないうちにいっちゃうなんて、男として情けないですよね。

私も若い頃、早漏だったときがあって、付き合っていた彼女にショックな一言を言われたことがあります。

 

それ以来、それがトラウマとなって、セックス恐怖症になってしまったこともあります。

 

仮性、真性包茎早漏の原因になる

包茎の場合、日頃、亀頭が表面にでていないために、外部の刺激に慣れていない分、早漏になりやすいです。

亀頭を外部の刺激に慣らすには、日頃からペニスの皮をむいて日常生活を送ることで、慣らしていくことができます。

 

最初は刺激が強くて落ち着かない気分になるので多少我慢が必要ですが、皮をむいた状態に慣れれば、仮性包茎早漏を治すことができるので一石二鳥です。

しかし、私の場合は、亀頭が小さく皮がすぐに戻ってしまうということと、皮をむいていると仕事に集中できなくなってしまったということから、この方法で早漏の改善をすることができなかったです。

 

オナニーで亀頭を鍛える

日頃、ペニスの皮をむいておくことができない私は、オナニーで亀頭を鍛えることにしました。

オナニーのときに皮をむいて、亀頭を唾液でぬらしてマッサージすることで、多少、早漏が改善できたと思います。

 

最初は、気持ちよすぎてすぐにいってしまいましたが、何回か繰り返すうちに亀頭が鍛えられて、長い時間オナニーできるようになりましたよ。

ただ、亀頭はとてもデリケートなところなので、優しくさわるようにしてくださいね。また、潤滑剤がなにもないと亀頭を傷つけてしまうので、唾液もしくはローションをつけるようにしたほうがいいです。

 

射精コントロールはできない

亀頭オナニーをすることで今までよりは、多少、持続時間が伸びたのですが、射精タイミングを自在にコントロールすることはできません。

あくまで「いく」という状態になるまでの時間が伸びただけで、射精のタイミングをコントロールするにはちがう能力が必要です。

 

もし、早漏で悩んでいる人で、射精タイミングを自在にコントロールできるようになりたいという人は、こちらのホームページをご覧ください。

現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策【早漏革命】